Just another WordPress site

HOME » ロゴデザイン » スカイツリーのロゴ
ロゴデザイン

スカイツリーのロゴ

スクリーンショット 2016-06-16 16.20.52

引用元:東京スカイツリー

東京スカイツリーのロゴは、一見すると木のようなデザインになっています。
スカイツリーを表すタワーの絵の周りには、まるで生い茂る葉のようにカラフルなドットがデザインされています。
ツリー自体が緩やかな曲線を持っていますから、一見するとそれが「幹」のように見えるのですね。
カラフルなドットにはピンク色やオレンジ色のものもあります。
見ようによっては、それは花や果実が茂っているようにも見えるでしょう。
無機質なタワーのロゴとは思えない、温かみのあるロゴです。

これは、ロゴだけの特徴ではありません。
東京スカイツリー自体が、実は「木」をコンセプトとして作られていますので、それが反映された結果なのですね。
建造物自体があまり直線的ではなく、緩やかなそりがあるのはそのためです。
近くで暮らす方が圧迫感を感じないよう、タワーの足元が三角形になるように工夫もされています。
空に向かって高く伸びる木の下に人が暮らす様が表現されているのですね。
スカイツリー自体がこのようなものですから、一見すると「木」に見えるロゴはまさにピッタリだと思いませんか?

PAK85_color20141206204808_TP_V

ロゴに描かれているタワー周りのカラフルなドットは、それぞれの願いが込められています。
たとえば、ピンク色(正確には「紅梅」)のドットは「華やかさ」を表します。
オレンジ色(正確には「黄金色」)のドットは「未来」を表します。
このように、カラフルなドットにはそれぞれの色ごとに願いを示しており、スカイツリーから生まれる新しいモノやコトを表しているのです。
このロゴを作ったデザイナーは公表されていませんので、デザイナーに興味がある方は個別の問い合わせが必要です。

ロゴデザイン | 03月09日更新